FC2ブログ

本当に 大丈夫なの?

 24, 2011 00:03

これはやっぱ もう 決定だわね~

何って・・・ おねー系・・・・・



1022-5.jpg


1022-4.jpg 









たまたま こういうショットが撮れたんだと 思うけど

でもね どう見ても それをしてるわけだから

やっぱ そっちって・・・・ 思うでしょう?





昨日も JJたんは帰ってないようで どうなんでしょうね

で、 H様に 確認を一昨日 それとなく キッパリと

「ジェジュンは まだ 日本ですよね」 と 問うと

昨日 お昼前に帰ってきた答えが

「つかの間の休日を楽しんでいます・・・」  エッ?

それ 本当ですかと突っ込みたくなる ファンミは? 大切な仕事じゃないのん?

しかし 長すぎる 日本滞在・・・

何かある じぇったいに・・・・・

でもフクちゃん 終わりはあるとつぶやいてます

大海原に君一人でないとか 以前書いてた

それに昨日も朝まで飲んでたようですよ

フクちゃんが朝まで付き合う人って JJたんしかいない

しかし 1週間 殆ど一緒 その中にアキノスケさんも時々入ってるようで

終電に間に合わなかったと 先ほどつぶやいてます 

(24日 0:06頃)

しかし おかしい・・・おかしすぎる・・・

何が有るんだ 日本ペンが喜ぶ事なら 嬉しいけど

う~~ん !!







ルナさんの 訳をお借りしてきました





ファンが天使シアやってくださいと言ったら

js:ここは本当にファンの方だけいるのではないので本当にだめです。通りすぎてる男性の方々が悪口いうかもしれませんし。あ、本当だめ(笑)あ、今日は本当だめです。今日はだめです。僕がツイッターに後でアップしますから。。本当本当

yc:フォンの方だけいるんだったら大丈夫だけど、一般の方もたくさんいらっしゃるので。。。あ、だから必ずみないとだめですよね。(ジュンちゃんのフォローするのかなっと思ったらww)

js:(聞こえないけど、口をみると「お前なにいってんの?」って感じでしたww)

yc:じゃんけんして僕に勝ったらしないことにしましょう。勝ったらね。

js:天がいらっしゃるのですね。そうですよね~

yc:僕はパア出しますね。

js:パアだしてくださいね。

yc:ファンのためにわざと負けてくれるかっこういいジュンス。(ジュンスがユチョンに裏切られたような困った顔で笑うと)分かりました。違うの出します。言わないで出します。ジャンケンボン。(勝っちゃって自分でも驚くユチョンとがっかりするジュンス)あ。。でも、ちょっとここはないと思います。そうですね?いや、終わって車のって帰るときにジュンスに殴られるかもしれないので収拾しないとだめです。

js:(笑)アンチができそうだけど。。可愛いぶりしたって。(ユチョンに合図するじゅんちゃん)

yc:それはみなさんどうしてもだめみたいですね。ごめんなさい。

js:場所を、ちょっと場所を考えてください。どうやってするの?男性の方もいらっしゃるのに。。ちくしょうってなるかも(笑)111022 サイン会

http://www.youtube.com/watch?v=9Nt2CZrBusk













2011/10/23 15:42:33
하얗고 까만 그리고 빨간
白くて黒い そして赤い




2011/10/23 16:03:38
준수는 빨강 유천인 검정 재중인 하얗다
ジュンスは赤 ユチョンは黒 ジェジュンは白




どういう意味なの?







JYJが韓国の教育科学技術部キャンペーンに参加するようです

facebook

にこんなポスター

jyj_song_event.jpg











ユチョン 喘息出てて 苦しそう

最後 吸入しに行ったわね








こっちは 普通・・・・

日本人の時は 写すの一生懸命 見て書いて 見て書いて 忙しそう・・・フフ

























スペインの事なので あまり関係ないのですが

一応 お知らせ・・・・ どなたか行かれますか?

マンガフェス会場は主に3ヶ所 会場間をマンガバスがピストン運行しています 右手赤いLA FARGAがメイン会場 ★JYJの予定会場は左手ESCENARIO> http://j.mp/qsq1Gvhttp://yfrog.com/gz8ecglij







8ecgli.jpg









alan、エイベックス中国との契約解除は破産が原因

alanがavex Chinaとの契約を解除した理由が判明。どうやらエイベックスはavex Chinaを清算して、中国大陸の音楽事業から撤退するようです。ただしエイベックス台湾は残るとのこと。

ニュースソースは本日2011/10/21の『新聞晨報』の娯楽面の下記の記事(Internet Explorerでないとレイアウトが崩れるのでご注意を)。

乐坛变脸如变天 韶涵解约 “西城”散了(音楽業界は天気のように変わる アンジェラ・チャンは契約解除、Westlifeは解散)(2011/10/21『新聞晨報』)

以下、該当部分だけ日本語に試訳する。以下「内地」とは台湾と区別して中国大陸を指している言葉で、原文のままにしてみた。

「幸福な会社もあれば哀れな会社もある。歌手のalanは内地のエイベックスと契約を解除したが、原因は内地のエイベックスが破産を宣告したため。数年前のEMIと同じく、内地の市場から全面撤退する。記者の理解によれば、エイベックスの破産の原因は決して海賊版の影響ではなく、経営層の戦略の誤りだ。

5年前、エイベックスは巨額の資本で内地市場に進出し、alanや風雲組合などの歌手と契約したが、情況は理想的ではなかった。内地のエイベックスは既に他社と契約している歌手を引き抜いて契約したいとは決して考えず、独自に歌手を育て上げたいとの一心で、そのためより多くの費用が必要となった。たしかに海賊版市場は内地に蔓延しているが、内地のエイベックスは破産前、依然として黒字の状態だった。その一部はコンサート収入で、別の部分は音楽ダウンロード販売によるものだ。しかし支出が収入を上回った。当面、台湾と東京のエイベックスは人員削減により正常に経営されており、台湾エイベックスには信、A-Lin、彭于晏、日本エイベックスには浜崎あゆみ、倖田來未等のアーティストが所属している。関係者によれば、CD販売では現在利益を上げられず、アイドルを育成するのもますます難しくなっており、ライブで集客できる歌手との契約を望んでいるとのこと」

なお、この記事全体は、中国エンタメ業界では、好調な企業もあれば、不調な企業もあるということで、「喜怒哀楽」の一文字ずつをとり、さまざまな歌手の現状を紹介する内容になっている。













本日もお越しくださいましてありがとうございます
ポチっとお願いいたします9月22日 15ランキング




お借りしました  ありがとうございます




오막희 もぐたん(姉)

【メゾン11月号ジェジュンインタビュー訳 完成版】

ジェジュンのマニッシュアパート

少し前に終了した<ボスを守れ>を通して、日本だけでなく国内でも演技活動を始めたJYJのジェジュンが忙しいスケジュールの最中、内装を終えて新居に引っ越した。既存の仕上材や構造はほぼそのまま活かしながら、スタイリングだけで部屋ごとにそれぞれ違う雰囲気のマニッシュなスタイルが引き立つように作った空間だ。

「'家'らしくない家がいいんです。家がペントハウスやロフトではないけど、まるでニューヨークのロフトハウスのように見えたらいいですね。都市的でありながらも面白い空間に作ってくれたらうれしいけど・・・」ジェジュンはデザイナーにインテリアを依頼しながらも、自分が描いている大体の家の姿をこのように説明した。彼の引越しの話と、家の撮影についての提案をデザイナーから聞いた編集者は初め、アイドル芸能人と<メゾン>の釣り合いについて暫し悩んだりもしたが、彼が望んでいるインテリアのコンセプトを聞いてからは<メゾン>に彼の家を紹介してみたいと欲を出すようになった。それからは1ヶ月余り彼の家の内装作業が進められた。部屋の壁紙を除いた既存の仕上材は変えないで、構造も変えない状態で'リフォーム'する作業だったが、リノベーションに劣らずたくさん知恵を絞らなければならなかったし時間も掛かる作業だった。大理石の仕上材や華麗なシャンデリア、クラシックなデザインのビルトインクローゼットなど、ジェジュンが求めているコンセプトに変えるのに邪魔になる要所が家の中の所々にあり、これを無くさずに面白いマニッシュな空間に変貌させるのが要だった。常に切羽詰っているドラマの撮影スケジュールの間にもジェジュンはインテリアデザイナーとミーティングをし、緻密にデザインの思案を検討、修正してデザイナーと一緒に家具や小物を選んだ。思いがけずドラマの撮影中に少し時間が空いたときは、一人インテリアショップを訪れ小物を買うほどインテリアに熱意を見せた。その結果、彼の家は空間ごとにそれぞれ違うスタイルのマニッシュルックを召し替え面白味のある姿を有することになった。そしてここで家の主人、ジェジュンと'家'の話を始めた。


この家のどんな点が気に入って引越しをしたんですか?

ワールドツアーが終わってJYJメンバーたちがみんな引越しを準備することになりました。ここはユチョンのお母様が家を見られて僕に推薦してくれたんです。交通の便もよくて、窓が大きくて多いから陽もよく入って、構造も気に入りました。ここでは空間ごとに僕が求めている構成に作れるだろうと思いました。

ドラマの撮影スケジュールのせいで引越しと内装の作業が容易ではなかったと思います。忙しいなかこの全てのことを敢行した理由がありますか?

この家には長く住む計画なので内装を済ましてから入らなければと思いました。そして引越しのときに心を決めて進めなければ、忙しくてただそのまま住むだろうから後に延ばさないようにしました。

以前にもツイッターに家の写真を上げてテレビと新聞で話題になりましたよね?元々インテリアに関心があったんですか?インテリアショッピングもよくするほうですか?

インテリアに関心があるというよりは、僕が住むところだし仕事がない日はほとんど家にいるほうなので、自分の空間に対する愛着があるという表現がもっと合ってると思います。以前住んでいた家は僕が直接飾りました。ブラックをメインカラーにシンプルでありながらも男らしいインテリアを演出するのに集中してました。僕はプロじゃないので、ある具体的なコンセプトやスタイルを決めて作ったというよりは、その時その時僕の気に入った家具や小物を買って飾りました。海外にはよく行くけど、公演やフォトブックの撮影に行くことが多いから個人的な時間を持てなくてインテリアショッピングはほとんど国内ですることになります。デパートや論峴洞の家具通り、清潭洞の家具店も度々行って、時には三清洞や高速ターミナルの地下商店街にも立ち寄ったりします。それから、車に乗っていて通りすがりに気に入ったインテリアショップを見つけたらすぐに車を停めて見回したりもします。

今回はインテリアを自分でやらないでデザイナーに依頼した理由はありますか?

専門家がやれば確かにディテールなところが違ってくるからそんな部分が特に楽しみでした。<メゾン>と一緒に進めるという話を聞いたときも、専門家と一緒に相談しながら自分の頭の中に巡っていた絵がもう少し洗練された形に具現化されるだろうという思いに嬉しかったです。

ニューヨークのロフトハウス、家らしくない家などのコンセプトを求めたと言いますが、具体的にどんな家になったらいいなと思ったのですか?

'旅行地'のような家になったらいいなと思いました。僕は公演や撮影がないときは家にいるのが好きなんです。最近は録音前まで曲作りも家でしています。だから全ての空間を同じコンセプトに作るというよりは、部屋ごとにそれぞれ違うテーマで作って家の中でもまるで旅行をしているように面白くて全てのことをすることができる処だったらいいなとデザイナーにお願いしました。

完成された家を見てどうですか?満足していますか?

はい。満足です。頭の中に描いていたこと、こうなったらいいなと思っていたことが家の中の所々に全部生きています。だから'引き篭もり'生活をもっとしそうです。家族やメンバーたち、日本から来た友達や会社のみんなが来て「空間活用がうまく、家具と小物もきれいだ」と言ってくれると嬉しい気分になります。でも何よりも一番満足感に浸れるのは一人でいるときです。寝室は暖かく穏やかで、リビングは気楽で、プチリビングでは楽しく、(曲の)作業部屋では集中できる・・・。

一番気に入ってる空間はどこですか?

プチリビングです。ここは本当にいろいろ悩んだんですよ。友達が来たらここでゲームもして漫画本も読む楽しい空間にしたいと思っていました。僕が外国で小物を買ってきたら収集できる場所も用意してくださいとお願いしました。全般的なカラートーンやソファースタイルなどはデザイナーに話したらデザイナーは'プレイルーム'をコンセプトにいくつか思案を提案してくれました。その中で気に入った絵が正に今のこの形です。ここに置く家具はデザインもちょっと独特で面白いものをと考えてました。長いこと置いても価値が光輝くデザイン画と、僕の気に入るように製作したオーダーメイド家具がしっくりと混ざり合っているのも求めていた通りです。

今回家を作りながら新しく発見したことがあったとしたら何ですか?

家を作ることも計画を立てる初めの段階が一番重要だと思いました。家の特性を把握して、コンセプトを決めて、具体的なデザインを決めていく過程が何よりも重要なんです。ファッションと同じで、度を越して飾ったり一斉にカラーを合わせるのも良くないということが分かりました。気に入ったからとその時その時に即興で選ぶよりは、初めに計画していたデザインの通りに合わせていってこそ良い結果を得られるという点も分かりました。

元々忙しいから内装の過程で大変だった点も多かったでしょう。

ドラマの撮影が終盤に差し掛かってとても忙しかったんです。なのでデザイナーと会社でまず相談して、会社からその時その時アップデートされた内容を伝えてもらった後、僕がいくつかの案の中から決定をしてまたデザイナーに伝えなければならないことが多かったです。性格上、適当にできないから、徹夜で撮影をして家に帰ってきても突然インテリアのアイデアが浮かんだりもして、これをまたデザイナーに話したりして。撮影して移動していても少しでも時間が空いたら、行かなくちゃと決めていたインテリアショップにも寄ってみたりしました。時間はないのにやりたいことは多くて・・・。この点が一番大変でした。でもこうして内装を終えてみるとそうしておいて良かったと思います。いくら格好良く作った家でも僕が気に入らなかったら何の意味もないでしょう。

仕事がないときはおもに家にいると言いましたが家で休むときは何をしながら過ごしますか?

休みのときはリビングで映画も観るし、本も読むし、バルコニーに出てテーブルに座って一杯やったり、家では本当にやること多いですよ。曲作りをしようと作業室に入るとなかなか出てこないです。家族や友達が遊びに来ればしょっちゅう料理もやるほうです。

<ボスを守れ>でも料理をするシーンがありましたが本当に料理がうまいんですか?見回してみるとキッチンのシステムもきちんとされていて鍋やフライパン、調理道具もちゃんとしていますね。

幼い頃から宿所生活をしていましたから。メンバーたちに料理して膳立てしておいしいと食べてくれたら気分がいいんですよ。最近は時間があれば下のマートで買い物して僕一人でも作って食べます。料理自体を楽しんでるのもあるけど、なんでも作って新しいことを知っていく過程が好きみたいです。ドラマで僕がやった'チャ・ムウォン'は僕と相当違うキャラクターだったけど、いくつかの部分は僕と似た部分がありました。それが料理です。

料理以外に趣味は何がありますか?本棚を見ると本もたくさん読んでるみたいですね。

最近は自転車に嵌っています。毎日自転車に乗っているんですが、頭もすっきりしていいんですよ。それから本は可能な限りたくさん読もうと努力しています。書店に行けばベストセラーコーナーに行ってどんな本が人気なのか調べてみたり、これを参考にして本を選ぶほうです。知人たちの助言もたくさん聞きます。

音楽をやっている人らしくCDも本当に多いですね。音楽はおもにどこでたくさん聴きますか?

リビング、バルコニー、寝室、作業室などどこでも音楽を聴きます。音楽は僕の全てのものと繋がっていると思っています。曲作りをするときはまず1,2時間くらい音楽を聴きながらよく散歩したりします。そうすると歌詞から書けるときもあるし、曲に対するアイディアが瞬間に浮かんできたりもします。

内装も終えてドラマも終了した感想はどうですか?

一言で幸せです。今回のドラマは韓国での初めての作品だったけど、本当に運が良くてドラマで良い方々にもたくさん会うことになってムウォンとして生きながら多くのことを学びました。最後の回でムウォンが言ったセリフが忘れられません。「清らかな企業人になるんだ。その道は辛いかもしれない。共にしてくれるか?」というプロポーズをして言ったセリフだったけど僕の状況と似ていると感じたからなのか未だに記憶に残っています。

これからの計画があったら話してください。家のインテリアに対する次の計画も気になります。

家はこれから大きく変えるというよりは、季節に合わせて小物やファブリックを替えるくらいだと思います。それから家具や小物を買っても、長い間使用しても飽きない、価値がより輝く物で用意するつもりです。<メゾン>11月号が出る頃にはスペイン公演を前にしているでしょう。10月29日にスペイン公演、11月初めにドイツ公演があるんです。ヨーロッパツアーを終えて戻ってきたら休みながら新曲の作業をすると思います。寄付プロジェクトも準備しています。僕だけでなくメンバーたちみんなが寄付に関心があります。寄付したら僕たちも幸せになるし、僕らが分かち合いの姿を見せたら多くの人たちに少しでも良い影響を与えるのではないかと思っています。俳優として色々なキャラクターを演技してみたい欲もあります。今回の作品をやりながら演技の魅力にもっと堕ちたんです。当分の間はJYJ公演に集中して、曲作りをした後の来年くらいにまた良い作品に出会いたいです。前向きな夢はJYJとしてファンたちと幸せになることです。ちょっと抽象的だけど、僕が持っている一番大きい夢であり目標です。


前日に徹夜の撮影で一睡も出来なかったと頭痛薬を飲みながらも家の撮影が進められる間ずっとジェジュンは、一度も顔をしかめたり不平を言わなかった。姿が見えなくて部屋に入って休んでいるかなと見ると、デザイナーとインテリアの最終チェックをしているか家の中の整理をしていた。撮影を終えてもスタッフたちみんながもう寝ろと言うのに彼は自転車に乗ってきて寝るほうがいいと、テラスに立てかけてあった自転車を引いて出て行く凄いエネルギーを見せたりもした。「ジェジュンはデザイナーの話しに耳を傾けて会話が合う家のオーナーですね。インテリアに関する関心もあってアイディアやセンスも良いほうです。それなのに自分の意見を強く出すことよりデザイナーを信じてくれたからより楽しく作業することができたのだと思います。」デザインを担当したGARAGEのパク・チャンミン室長は今回の作業がデザイナーである彼にとっても楽しい経験だったと話した。編集者もまた、1ヶ月余り進められた彼の家のリフォーム作業に参加して、彼が注いだ家に対する愛情を充分に見た。自身が求めているコンセプトとクオリティに達しなければ、芸能人だからこそ与えられる恩恵も果敢に拒絶する姿を見たりもした。「気に入った家を見ると自然と笑顔になってみんな一生懸命やってくださったから楽しかったです。ありがとうございました。」疲れているのに笑って撮影してくれてありがとう、という編集者の挨拶に彼はこのように答えた。彼の短い挨拶の中で、’家’とは、’インテリア’とは、このような幸せなエネルギーをくれるんだということを今更のように感じることができた。そしてここに<メゾン>が一役買ったという思いに誇らしくもあった。

인터뷰 출처(インタビュー記事出処) : DC잴러리 그런사이님
※転載する際は出処の表記をお願いします^^

Long post from Deck.ly 10 minutes ago View on Twitter

COMMENT 0

WHAT'S NEW?