FC2ブログ

Photo Gallery














ソン・ジュンギ・パク・ユチョン・チュ・ウォン、演技疾走始めた恐ろしい20代パワー


2012.10.14(日)08:00
10月14日 ユチョン

[ティブイデイルリパク・チニョン記者] 3,40代俳優の全盛期という程停滞した20代俳優が再び活気を展開し始めた。

光るビジュアルはもちろん注目するほどの演技力を基盤でテレビ劇場を訪ねてきた20代俳優は女性視聴者たちの耳目をひきつけたし、これは視聴率上昇効果を持ってきた。 今年のはじめチャン・グンソクを始めキム・スヒョン、ユ・アイン、イ・スンギ、パク・ユチョン、呪願などにつながった20代パワーは今後もずっと続く展望だ。

◆ソン・チュンギ、演技限界跳び越えた
10月14日 ユチョン1





現在の仮装ホットだと話しても良いほど多くの愛を受けている人がすぐにソン・ジュンギ(28)だ。 ソン・ジュンギはKBS2水木ドラマ‘世の中どこにもない優しい男’(脚本イ・ギョンヒ、演出キム・ジンウォン)で愛に背信に合って悪い男になってしまったカンマル役を担っている。


去年SBS ‘根の深い木’を通じて‘ソン・ジュンギの再発見’という好評を得たソン・ジュンギは1年ぶりにドラマ主人公を引き受けて演技変身に完全に成功した。 そして放送前に広まった‘ソン・ジュンギがこのような演技も可能だ?’という憂慮もきれいに洗い落として‘演技上手くする俳優’という修飾語を得た。

ソン・ジュンギの挑戦はここで止めなかった。 ‘優しい男’以前に撮影をした映画‘オオカミ少年’がいよいよベールを脱いだこと。 ソン・チュンギは目つきと身振りでただ美男俳優が見せる‘目贅沢な暮らし’龍映画であることという考えもまた完ぺきに変えた。

ソン・ジュンギの演技に接した多くの人々は同じ言葉で彼の生きている目つきと魅力的な中低音のボイスを魅力に選ぶ。 コミック演技から致命的な悪い男、さらにオオカミ演技まで全部みな完全にやり遂げるソン・ジュンギ. 一時も止めなくて成長を繰り返しているこの青年の30代、その日の演技人生はどうかすでに気がかりだ。

◆パク・ユチョン、アイドルでない俳優にそびえ立った
10月14日 ユチョン2





SBS ‘屋根部屋のプリンス(皇太子)’を通じて多くの愛を受けたパク・ユチョン(27)は来る11月放送されるMBC水木ドラマ‘会いたい’(脚本ムン・ヒジョン、演出理財洞)にある政友駅にキャスティングされて視聴者たちに会う。

‘会いたい’という十五才時期に胸ときめいた初めての愛の記憶を根こそぎ奪い取った辛い傷を胸に抱いて生きていく二人の男女の鬼ごっこのような愛の物語を入れた正統メロドラマでパク・ユチョンが引き受けたハンジョンウはある女性に向かった懐かしさを大事に保管したまま猛獣のように犯人を追う強力係刑事だ。 パク・ユチョンの初恋ではユン・ウネがキャスティングされた。

パク・ユチョンはKBS ‘成均館(ソンギュングァン)スキャンダル’を通じて演技者の道を歩き始めた。 この作品で新人賞まで握ったパク・ユチョンはMBC ‘ミス リプリー’を過ぎてSBS ‘屋根部屋のプリンス(皇太子)’で演技者としての位置づけを強硬に確かめた。

謹厳な皇太子イガクが300年を飛び越えて現代にきて行う日常をパク・ユチョンはしらじらしく演技やり遂げた。 その間やわらかくて落ち着いている演技だけ見せたパク・ユチョンのコミック演技は新鮮だった。 そして正確な発音と強弱調節はもちろん繊細な感情表現で劇のモール入道を高めるのに一助となった。 特に愛するパクハ(ハン・ジミンの方)に対する愛情を表わす場面はロマンティックさの極限状態を見せて視聴者たちの心を打つこともした。

結局パク・ユチョンもまた‘タイトルロールで大丈夫だろうか’という取越苦労を演技力に全部追い落とした。 そのために11月彼が見せるまた他の愛の物語に期待が集まるのは当然のこと. 果たしてパク・ユチョンが‘会いたい’にどれだけ成長した演技を見せるのか気がかりだ。

◆チュ・ウォン、超高速演技成長・優れた吸入力
10月14日 ユチョン3





チュ・ウォン(26)はKBS2 ‘製パン王キム・タック’、‘烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟’に続き先月放映終了したKBS2水木ドラマ‘カクシタル’まで成功させて‘視聴率の男’という修飾語をもう一度立証した。

デビュー作である‘製パン王キム・タック’では多少物足りなさが残る演技力を見せた彼だったが映画‘特殊ボン’と‘烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟’を経て今後が期待される演技者に変貌した。

そしてチュ・ウォンは自身の名前を大衆に完ぺきに刻印させることができる大作ドラマ‘カクシタル’を会うようになった。 イガントとカクシタル、二つの人物を演技しなければならなかったチュ・ウォンは両極端を行き来する感情演技を無理なく消化して視聴者たちの好評を受けた。 このように演技が上手な俳優だったか、したいほど毎回感心を連発するようにさせた。

そのような彼が今回はKBSから抜け出してMBCを通じて視聴者たちに会う。 チュ・ウォンは2003年1月放送予定のMBC 20部作ドラマ‘秘密男女戦’で道に役を担うことになった。 ‘秘密男女戦’は映画‘7級公務員’中で互いに身分をだまさなければならないカップル諜報員のどたばたするハプニングでモチーフを得た作品で新世代国家情報院新入要員の間の愛、友情、そして組織中で感じる葛藤とエピソードを描いたロマンチック諜報メロー物だ。

チュ・ウォンが引き受けた道では幼い時期見た007映画にピルがささった後ひたすら諜報要員になろうと思う情熱で生きてきた人物だ。 突然に金持ちになった成金お父さんのおかげで豊かに生きてきたので他人に対する慈しみ深さと余裕を持っていて洗練された容貌まで加えていわゆる‘江南(カンナム)スタイル’男だ。 そのように夢に描いた国家情報院に入社して数多くの難関を克服していく。

既存の老練な諜報要員でなく新世代らしい考えと行動をして、時には葛藤して、仕損じて、成長していく人物としてチュ・ウォンはその間映画、ドラマで十分見てきた諜報要員と全く違ったキャラクターを描いていく予定だ。

特にチュ・ウォンは‘カクシタル’放映終了後進行されたインタビューで“今後私の年に合う美しい役割をしてみたい。 私が考えるのにロマンス物が最も骨を折ったようだ。 だが、この年の時してみるべきでいつしてみるか。 そのために私はうまくいこうがならなくても(ロマンス物を)してみたい”という風を明らかにしたことがある。

望んだ通りロマンチック メロー物を直ちに会うようになったチュ・ウォンが愛嬌多くて可愛い自身の実際の性格を劇中に美しく付いて出せるか、また、どれだけ成長した演技力を見せるのかすでに多くの期待を集める。 そして‘秘密男女戦’を通じてもう一度‘視聴率の男’であることを立証できるのかも気がかりなことを加える。

[ティブイデイルリパク・チニョン記者news@tvdaily.co.kr/写真=該当スチール]

記事情報提供news@tvdaily.co.krパク・チニョン記者の他の記事見ること
元記事はこちら 
 






★ ジェジュン


JJ:優しい男 ひどく面白い〜




10月14日 ジェジュン















コヒコジの店内     載せれなかったので 今ドバ~~~っと 








10月14日 ジェジュン9 10月14日 ジェジュン10 10月14日 ジェジュン3 10月14日 ジェジュン4 10月14日 ジェジュン5 10月14日 ジェジュン6










トイレ   可愛い !!


可愛いんだけど  トイレは やっぱウオシュレットでしょう?


韓国 そこのとこは遅れてるのかな それとも JJは男  


女の子の気持ちは解らないのかな?


う~~ん!!


今 病院だってホテルのようだし どこ行ってもトイレは(病院内) ウオシュレットよ




10月14日 ジェジュン7  910月14日 ジェジュン







10月14日 ジェジュン8


















載せれなかった ユチョンの 「会いたいの」  の 撮影風景


髪・・・・・・・・  このままなの?  伸ばそうよ~


ユチョ~~~ン!!








10月14日 ユチョン16 10月14日 ユチョン17 10月14日 ユチョン18 10月14日 ユチョン12 10月14日 ユチョン13 10月14日 ユチョン14 10月14日 ユチョン15














なんで あの髪なんだろう(T_T)

それなりに可愛いといわれる方もいますが 慣れろ!  って?

慣れたくない 

昨日も ユチョンはカフェコジに寄ったそうです  美容院が同じ建物なんだそうで

あの髪で 美容院…  行く必要があるのでしょうか?

凡人と同じにするなって?  

そうよね  俳優だからーーー(*^▽^*)



なにやら東京のラーメン屋さんの ガイドブックのような本をマネージャーが持っていたそうです

来るのかしら? 


期待は禁物   




では おやすみなさいませ








9月22日 15ランキング

WHAT'S NEW?